> HOME

私たちの提言! − 駅ホームの安全とバリアフリー

‘視覚障害者と晴眼者のアンケートを踏まえて、より現実的な対策を提言します’


 10月27日(土曜) 13時40分から
 大阪・四天王寺前夕陽ヶ丘「天王寺区民センター」
 参加費:1000円(資料代含む)
 主催:視覚障害者の歩行の自由と安全を考えるブルックの会

*趣旨
 今年度のブルックの会は、調査報告と講演を行ないます。

 国土交通省は2016年から、鉄道事業者に対して、視覚障害者を見かけた場合の声かけの徹底を求めています。各事業者とも、駅員による声かけの周知を図り、乗客にも協力を呼びかける案内もよく聞かれます。しかし、視覚障害者の駅ホームからの転落は後を絶ちません。
 一方、鉄道事業者における人員削減などで駅員が少ない駅や、全く駅員がいない駅、乗降客の少ない駅など、周囲に人がいない状況も増えつつあり、転落につながっている可能性があります。
 昨年、本会では二つのアンケートを実施しました。視覚障害当事者向けには声かけが駅員によりどの程度行われているか、ホームから転落したり、「ヒヤリ」と感じた経験があるか、また晴眼者に対しては、声かけをしたことがあるかについて調査しました。
 今回のイベント前半では、調査結果と、本会からの提言を報告し、みなさんで意見交換する場を設けます。
 後半では、調査結果や提言を踏まえて、今年改正された、「バリアフリー法」の変更点や地域での取り組み、当事者の役割について、国の政策に対する提言を行っているDPI日本会議副議長の尾上浩二氏をお迎えし、ご講演いただきます。
 駅ホームを安心して安全に利用するために、どのような発信をするべきかを、転落の実情や声かけの実態を基に考えます。さらに、今後の視覚障害当事者の役割について、議論を深めます。
 多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

*催しの詳細
 名称:私たちの提言! − 駅ホームの安全とバリアフリー
 日時:2018年10月27日(土曜) 13時40分〜16時20分
(13時20分受付開始)
 会場:大阪市立天王寺区民センター 1階 ホール
 (地下鉄 谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」1、2番出入口から北へ約100m 西側)
 https://www.osakacommunity.jp/tennoji/access.html
 参加費:1000円(資料代含む。介助者は参加費不要。)
 定員:100人
 主催:視覚障害者の歩行の自由と安全を考えるブルックの会
 http://brook.s333.xrea.com/
 協力:大阪市視覚障害者福祉協会、日本ライトハウス情報文化センター、鉄道ホーム改善推進協会、大阪市立大学大学院 工学研究科都市基盤計画研究室、立命館大学生存学研究センター

*参加の申し込み
 10月12日(金曜)までにメール:brook(アットマーク)iris.eonet.ne.jp(運営委員 安田真之)
 (メールの件名に「イベント申込み」として、必ず次の5点をお知らせください。)
 1. あなたのお名前(フルネームで、ふりがなもお願いします。)
 2. 介助者同伴の場合は介助者のお名前:(介助者と明記しフルネームで。ふりがなもお願いします。)
 3. 電話番号およびメールアドレス(電話番号は、緊急時、悪天候時の連絡に使用します。)
 4. 配布資料:点字・墨字・拡大文字のいずれか
 5. 懇親会・参加・不参加
 終了後に、懇親会(地下鉄谷町9丁目近く、懇親会費4000円、先着申込40人)を開きます。
 (懇親会費は介助者も同額で、参加費とともに受付でいただきます。申し込み後のキャンセルは実費をいただく場合があります。)
 6.該当する場合:@盲導犬同伴 A車イスユーザー B座席の指定希望など

*プログラム
 13:00 集合:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」2番出口側の北西(きたにし)改札前(大日・都島方面行き側)(直行の方は会場にお願いします)
 13:20 開場・受付開始(司会:運営委員・安田真之、井端誠)
 13:40 開会挨拶:副代表・佐木理人
 13:50 調査結果報告と提言:代表・加藤俊和
 14:10 意見交換
 14:50 休憩
 15:10 講演「バリアフリー法改正の変更点や地域での取り組み、当事者の役割について」
  DPI日本会議副議長・尾上浩二氏
 15:50 質疑応答
 16:10 まとめ・閉会挨拶:代表・加藤俊和
 16:20 終了

 なお、当日午前7時の時点で、大阪市内に暴風や洪水の警報が発令された場合には、中止させていただきます。


ブルックの会トップページへ